施術の流れ

施術の流れ

1、問診

現在の症状や体質また生活習慣などについて詳しくお伺いし、不調の原因を探っていきます。どんなことでもご遠慮なくお話し下さい。

2、望診・聞診・切診

リラックスしてベッドに仰向けで休んでいただきます。まず両手首の脈や舌の状態を診ていきます。次にお腹の圧痛や張りを触診します。他にもツボの反応を診て、様々な情報をもとに全身の状態を把握して使用する鍼やお灸、治療方針を決定します。

3、施術

首の付け根から足の裏まで体やツボの反応を診ていきます。反応点に鍼やお灸をしていきます。

  • 小児や虚弱体質な方にはツボに当てる鍼や体をさする鍼などを行います
  • 冷えがある方や腰痛、消化器が弱い方などには鍼を刺して鍼の上に丸めたお灸をつけて温めます(とても気持ちがいいです)
  • 痛みが強いところや弱っているところには金の大鍼や火鍼を使います

 

仰向けになって頂き、さらに必要なツボにお灸や鍼を行い、全体の調整を行います。
体の状態を聞き、今後必要な食べ物や生活面で気を付けたほうがいいこと、手当法などをお話しして治療を終了します。

適応疾患

首から上の症状に

頭痛・偏頭痛・疲れ目・目の充血・鼻炎・蓄膿症・扁桃腺炎・口内炎・歯痛・歯がうく・顔のむくみ・肌あれ・にきび・耳鳴り・風邪症状(鼻水/咳/発熱/のどの痛み) 顔面神経痛/麻痺など

首・肩・腕・背中の疲れに

肩のこり・首のこり・肩関節痛・五十肩・寝違え・背中のはり・腕のだるさ・肘痛・腱鞘炎など

腰と足の疲れに

腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛・膝関節症・膝の痛み・足のむくみ・こむら返り・足のしびれ・足の疲れ・外反母趾・打撲・ねんざなど

内臓の疲れに

高血圧症・低血圧症・胃もたれなど胃腸疾患・食欲不振・吐き気・下痢・便秘・痔・じんましん・アレルギー性疾患・乗り物酔い・二日酔いなど

婦人科系に

生理痛・月経困難・冷え性・貧血・不妊症・つわり・逆子・妊娠中や安産のための治療に・母子のための産後のケアに・乳腺炎・更年期障害など(その他ご相談下さい)

小児科疾患に

小児神経症(夜泣き、疳の虫、消化不良、食欲不振、不眠)・喘息・アレルギー性湿疹・夜尿症・虚弱体質の改善

体や心の疲れ、不定愁訴に

手足の冷え・眠れない・体が重い・やる気がない・イライラする・めまい・動悸・神経症・過呼吸・パニック障害

病院の検査では異常がないと言われたけれど、健康診断の数値が気になる…
体の調子がいつもと違うなど、病気ではないけれども健康ともいえない症状

その他

脳血管障害後遺症・パーキンソン病・高血圧・慢性関節リウマチ・熱中症・夏バテ 野球・ゴルフ・テニス・陸上・ダンス・音楽・舞台・縫い物などのオーバーユース(使いすぎ)による筋肉の疲労回復や疼痛緩和、捻挫やスポーツ障害とコンディショニングに!

一人一人の体質(タイプ)に合わせて、鍼灸治療で気血の流れを調整し、人間が本来持っている自然治癒力を高めます。
鍼灸治療は生活習慣病の予防としても効果が期待できます。

  • facebook
  • twitter